日本のフィットネス人口は増えない?

  • HOME
  • 日本のフィットネス人口は増えない?

皆さんこんにちは!

 

昨日のブログでは日本や世界のフィットネス人口について紹介しました。

復習をすると、日本のフィットネス人口は420万人(約4%)、アメリカが約19%、イギリスが約15%です。

海外と比較すると日本のフィットネス人口は少ない傾向にあります。

 

なぜこのような現象になっているのでしょうか?

ここからは推測にはなりますが、医療が大きく関係していると言われています。

日本の場合、病気やケガで病院を受診した場合、医療費は3割負担などで非常に安いですよね。

しかし、アメリカでは保険診療が普及しておらず、非常に高額になります。

そのため、アメリカでは病院を受診しないようにと予防医療に重きが置かれ、健康を保つためのフィットネスが普及したと考えられます。

日本では低価格で高度な治療が受けられるため、予防のためにお金や時間を使うという発想があまり無いのかもしれません。

 

皆さんは「治療」か「予防医療」、どちらが良いと思いますか?

当ジムでは予防医療が重要と考え、人生100年を健康に生きてほしいと思っています。

当ジムの考え方に興味のある方は是非一度体験にお越しください。

予約はコチラをクリック 

🌟一人一人にパーソナライズされた健康づくり🌟

[営業時間]
9:00〜22:00

[定休日]
不定休

[アクセス]
阪神元町駅西口から徒歩1分
JR元町駅西口から徒歩2分
JR三ノ宮駅西口から徒歩15分

[電話番号]
080-6153-8546